ゴルフのこと

祝日ライフ 一日ミニバス試合観戦してきました

Dsc_0215

★昨日、交野いきいきランド体育館でミニバスケの練習試合があったので観てきました。

★交野フェニックス・開成スターズと北河内選抜チームの試合が交互に組まれていて、娘は北河内選抜チーム、息子1号は開成ジュニアチームでプレーしました。

★北河内選抜チームは来週末のスーパーカンガルーズカップに出場します。昨日が2回目の合同試合ということもあり、すこしずつお互いのプレーがわかってきた感じでした。もう少し練習させてやりたい気もしますが、みんな忙しいからねえ。

★選抜チームは、他チームのコーチの指導を受けたり、いろいろなチームの子達と仲良くなったりするとてもいい機会だと思います。

★いろいろ成長できると思います。頑張れ~。

★ジュニアの試合は、6年生が抜けたので5年以下とか3年のみとかのチームで試合をしていました。

★上級生とのプレーだと45度の位置にいくことが多いのですが、3年生のみのチームではボールを運んでいました。本人はポイントガードが好きらしいので、楽しそうにプレーしていました。

★ジュニアはこれからがチーム作りです。再来週末のジュニアカップに向けていいチームになれるようみんなで頑張っていきましょう。

★お父さんはお仕事を頑張ります~!

basketballほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁basketball

| | コメント (0)

【共筒通信】市長・代議士の立候補を募る〜牧方【ネタ】

★牧方市選挙管理委員会は、有権者の投票を呼びかけると同時に、市長選挙・市会議員選挙において市民に幅広く立候補を呼びかける方針を発表した。

★これは牧方市の財政状況が逼迫していることから、落選者から没収する供託金をもとに財政再建をおこなおうというもので、今般の「気軽に立候補キャンペーン」により今後20年間で1000人の落選者から5億円程度の増収を見込んでいる。

★また現在供託金の儲けられていない農業委員会や財産区・土地改良区議会選挙や生徒会・児童会選挙についても供託金制度を導入し、大人から子供まで幅広い層から現金を巻き上げる方向で検討している。

| | コメント (0)

【共筒通信】大阪で台風被害が少ない理由【ネタ】

★夭阪大学環境気象学部のクーボー大博士の研究チームが、大阪において台風被害が少ない理由についての研究結果を発表した。

★研究チームが過去5年間に発生した台風にアンケートを実施したところ、進行方向に大阪のおばちゃんがいたため進行方向を変えた、という回答が多数寄せられた。
 この結果を分析したところ「大阪のおばちゃんのニラミが非常に強力なため台風が目をそらした」結果、大阪において台風の被害が少なくなることが判った。

★今後はヒョウ柄と台風の関連性についてさらに研究を進めたうえで、進路の解析を急ぎたいとしている。

★なおこの研究結果は英科学誌「姉ちゃん」最新号に掲載される。

| | コメント (0)

入れ替えても違和感がない、という事実が意味するもの

★今回の共筒通信は茶化さずに真面目に書きます。

 元ネタは読売新聞のビンラーディン、潜伏先で米大統領暗殺を画策という記事。

 この記事の立場を入れ替えてみたら以下のようになる。

オバマ米大統領、ホワイトハウスでビンラーディン暗殺を画策

 【カブール=久保俊仁】アルジャジーラは13日、先の米海軍特殊部隊の作戦による殺害についてオバマ米大統領が、国際テロ組織アル・カーイダの元指導者ウサマ・ビンラーディンを暗殺する方策を探っていたと報じた。

 ホワイトハウスからアル・カーイダが押収したオバマ米大統領手書きの文書をアル・カーイダが分析したところ、ビンラーディンの殺害と、アル・カーイダの弱体化を図るようオバマ米大統領が配下に指示したことを示す記述が見つかったという。

 専門家はアルジャジーラに対し、「大統領は、ビンラーディンがアメリカの自由を冒涜したとして暗殺に執着していた」との見方を明らかにした。
(2011年5月14日10時51分 共筒通信)

 ほとんど違和感がないという点にお気づきいただけただろうか。

 違和感がないというより、実際に立てられた作戦に基づいてビンラーディンの暗殺が実行されたわけだわね。

 具体的に変更したのは以下の点。

ビンラーディン     ←→ オバマ米大統領

ワシントン=黒瀬悦成   → カブール=久保俊仁

パキスタンの潜伏先    → ホワイトハウス

米軍/米政府       → アル・カーイダ

2012年大統領選の妨害 → アル・カーイダの弱体化

イスラム教        → アメリカの自由

読売新聞         → 共筒通信

接続詞を手直し


 
 
★憎しみや復讐からは何も生まれない。

 どこかでその連鎖を解かねばならない。

 そしてそれは、より力あるものが行うべき責務だと思う。

 今回の暗殺によってアメリカ市民達は溜飲が下がったかもしれない、しかしその姿を見る我々同盟国民ですら違和感を覚える、いわんや反発している人たちの嫌悪感は如何ばかりか。

 アメリカと対等に話ができる「普通の国」になろうとしている日本、その「普通の国」の手本がアメリカであってはならない。

 そう感じたので、人の命を扱う記事を改変することは不謹慎だと思いつつ、あえて記事を書いた。
 
 
−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

| | コメント (0)

【共筒通信】大相撲協会、事務連絡に紙と鉛筆を推奨【ネタ】

★大相撲協会は今般の八百長報道に関連して、力士や親方間の事務連絡をおこなうための当面の通信手段として、紙と鉛筆の使用を推奨すると発表した。
 
★携帯電話などのデジタルデバイスではメールを消去してもサルベージされる恐れがあり、大相撲協会の結束力を高めるために行われる力士・親方間の綿密な連絡について、紙と鉛筆を用いることで確実な情報の共有と廃棄を目指した格好だ。
 
★今後は更に各部屋の垣根を越えた交流を図るために、大相撲協会内部に専用の小部屋を設け、直接情報管理に乗り出すことも検討している。【共筒通信】

続きを読む "【共筒通信】大相撲協会、事務連絡に紙と鉛筆を推奨【ネタ】"

| | コメント (0)

【共筒通信】蔵相「予算は欠陥ある法案」納税に慎重姿勢示す

 蔵相は就任会見で予算案について「我が国の予算はいろんな欠陥を抱えた法案だと思う」と述べた。その上で「私も一国民として納税をおこなう以上、国家予算がどのように使われるか見極める必要がある。徴税だけ一方的になされる事にどういう意味があるのか、しっかり考えていきたい」と納税に慎重姿勢を示した。

 蔵相は納税について「家計なら家庭で執行するが、国家予算だけは国会で成立する。国民世論、世界の流れも考え、政治家として判断すべきもの」とした上で、「国民の皆さんが許されざる税金の無駄遣いにけしからんとなるのはよく分かり、所得にも限度がある。それいけやれいけと納税するのとはやや違うと思う」と述べた。【共筒通信】
 
 
 
 
 この文章はあくまでもネタであり、特定の個人・団体に対して何らかの意図を持ったものではない事を申し上げますよ。
 ちなみに元ネタはこちら
 
 グフフ。
 
 
 
−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

| | コメント (0)

えーと「共筒通信」はお笑いネタ記事ですので、念のため。

★カミさんが「あの記事はどこに載ってたの?」と言ってきた
 
 土曜にアップした記事「紙幣の新券両替が廃止」は、真っ赤な嘘、出鱈目なものですので本気になされませんよう。
 というのも帰ったらカミさんが「あの記事はどこに載ってたの?」と言ってきたんですね。
 ネタだと伝えたら「なーんだ」と。
 いや、ネタって書いてあるんですけどね。
 
 
★もしまた思いついたらネタを書いてみたい
 
 このネタは治療中に患者のTさんとお話しさせていただいたときに思いついたんですが、実はこの出鱈目記事というもの自体、モロに虚構新聞さんの影響を受けてます。
 虚構新聞さんのクオリティーはハンパないですよ。話題の豊富さ、ジョークの質、なにからなにまで素晴らしすぎる。
 もちろん虚構新聞さんには質・量ともに全然かなわないのは承知の助(古)ですが、何か思いつき次第ネタを書いてみたいなと。
 ついでに「共筒通信」という名前も作りました。
「共同通信」じゃないですからね。
 お間違えのなきよう。
 
 え?そんなの間違えるのはウチのカミさんぐらいだって?
 失礼いたしました(笑)
 
 
 
−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

| | コメント (0)

【共筒通信】来年より紙幣の新券両替が廃止へ【ネタ】

★事業仕分け政策の一環として実現
 
 政府・民主党は一連の制度改革の一環として、これまで国内において頻繁に行われてきた紙幣の新券両替を全国的に廃止するという方針を打ち出した。
 この臨時国会で法案を成立させ、来年4月から実施する見込み。
 
 
★財務省・国民・金融機関の負担を大幅に軽減
 
 これまで国内では、十分実用に耐える紙幣(日本銀行券)を給与・謝礼やお年玉などの際に、わざわざ金融機関に出向き新券に両替するという習慣が根付いている。
 先日消費者庁により行われた国民生活調査によると、新券両替による時間的ロスが年間で国民一人当たり72分と過去最高を記録した。さらに年末年始の両替希望や少子化による習い事の増加に伴う月謝需要増大などで、2015年には100分を超えるという試算もあり、国民生活の無駄になると事業仕分けにおいて以前より指摘されていた。
 そのうえで管首相の指示のもと財務省が検討チームを立ち上げ調査した結果、新券発行時にあらかじめ折り曲げておくことで新券両替という習慣の根絶が期待できると判断。新券作成時に折り曲げるという手間がかかるものの、これまでより少ない発行量で紙幣の安定供給が見込まれること、また金融機関に対する負担も軽減が大幅に期待できるとして改革に踏み切った。
 
 
★遵守されない場合は紙幣廃止・総硬貨化も視野に
 
 法案が成立すれば、来年4月以降は原則として金融機関での新券両替は廃止される。新しい紙幣でも折り目がついた状態で渡されることとなる。
 紙幣を無理にのばそうとしたり、折り目のない在庫を執拗に要求する事案も想定されているが、仙谷官房長官は記者会見で「国民には決まりを守って生活してもらわないと、これまで以上に不利になるかもしれないと考えていただきたい。あまりに新券両替について横暴な要求が見られる場合は、紙幣を廃止しすべて硬貨で対応することも考えている。紙幣のあるありがたみを感じながら、節度ある行動を期待したい」と強調した。(共筒通信)
 
 
 
 
 
・・・ネタですよ、あくまでも。
 
 
 
 
 
−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

| | コメント (0)