« 週末ライフ 中学女バス北河内秋季大会決勝を観てきました | トップページ | 2014J1第24節大阪ダービー ガンバ大阪2-0セレッソ大阪 »

「膝のお皿」を動かして膝痛から解放されよう!

★現在、僕の治療家としてのメインテーマとなりつつあるのが膝痛治療です。

★その中でも特に注目しているのが「膝のお皿」。解剖的には「膝蓋骨(しつがいこつ)」といいますが、普段はお皿って呼ぶことが多いですね。

★このお皿は、膝を前方からの衝撃から守るという役割に加えて、太ももの筋肉がスムーズに動くためのガイドの役割をします。

★膝関節は太ももの筋肉が伸び縮みすることで曲げ伸ばしされるので、膝のお皿の動きが悪いとガイドが上手くできなくなるため、膝の痛みの原因になったり、放置すると膝関節の変形につながるおそれもあります。

★僕が「パテラモビ療法」と呼んでいる膝のお皿を動かす療法をおこなうと、膝関節の動きがスムーズになり膝の痛みが減少します。

★この「パテラモビ療法」は、鍼灸治療で膝周りの組織の柔軟性を向上させてからおこなうと効果がさらにアップします。

★関節の変形が進む前に治療を始めた方が効果的ですので、膝の違和感を感じたらお早めにご相談下さいね!

-ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁-

|

« 週末ライフ 中学女バス北河内秋季大会決勝を観てきました | トップページ | 2014J1第24節大阪ダービー ガンバ大阪2-0セレッソ大阪 »

鍼灸治療や身体のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末ライフ 中学女バス北河内秋季大会決勝を観てきました | トップページ | 2014J1第24節大阪ダービー ガンバ大阪2-0セレッソ大阪 »