« 3-1 | トップページ | バスケ三昧の週末でした »

どこで見られているか分からないという話

★今日お昼のこと。お世話になっている金融機関の担当者Yさんが書類をとりにいらっしゃいました。そのときに飛び出した衝撃の話題。

Yさん「先生この前、交野マラソン走られました?」
私  「走りましたよ!(ってなんで知ってるんだろう?)」
Yさん「いやー、僕も出てたんですけど、なんか似てる人が走ってはるなと」
私  「えー、まじっすか!」
Yさん「それに社長、コース脇で写真撮ってはったでしょ?」
私  「撮ってた!僕54分台でしたけど、Yさんは?」
Yさん「僕もそれぐらいでした」
私  「じゃあ間違いないですね!てゆか、まわり見るなんて余裕あるなあ」

★本当にどこで見られているか分かりませんね。沿道に知り合いが居ないかは見てたんですが、まさかほんの近くを担当さんが走っていたなんて。顔だけ必死で足が全然動かないヘロヘロ走りを間近で観察されてたなんて、超恥ずかしいことこの上なしですわ。これから涼しい顔して走る練習もせんにゃならんな!(違)

−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

|

« 3-1 | トップページ | バスケ三昧の週末でした »

当院でのできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3-1 | トップページ | バスケ三昧の週末でした »