« 「枚方市高齢者はり等の施術事業」について会議してきました | トップページ | 新しい高圧滅菌器を導入しました »

「過活動膀胱」の勉強会に行ってきました

★昨日の日曜日、大阪府鍼灸師会河北地域主催の勉強会があったので、ラポール枚方に行ってきました。「過活動膀胱」といって、いわゆる頻尿や尿意切迫についての講義でした。

★講師は明治国際医療大学の北小路博司先生で、去年9月に続いて2回目のご講演でした。今回は実技をして下さるということで楽しみにしていたところ、僕が患者役となって刺針をしていただきました。お尻の近くにある中髎というツボに、重くこたえる感じの刺激を鍼で加えることで、尿意の回数が減少するとのことです。先生の鍼はとてもよく効きました。ズーンとこたえる感じ。チクチクした感じのない気持ちのよい響きでしたね。

★昨年河北地域で不妊治療の講義をしていただいた、明生鍼灸院の鈴木先生と同じ中髎穴を用いるということでお話を伺っていましたら、北小路先生と鈴木先生はお知り合いで共同研究をされることもあるということでビックリ。世間は狭いですね。

★頻尿の治療については、僕の身近な人で追試をおこなった上で臨床に活かしていきたいと思っています。おしっこが近くてお悩みの方はご相談くださいね。

−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

|

« 「枚方市高齢者はり等の施術事業」について会議してきました | トップページ | 新しい高圧滅菌器を導入しました »

鍼灸治療や身体のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「枚方市高齢者はり等の施術事業」について会議してきました | トップページ | 新しい高圧滅菌器を導入しました »