« 懸賞に当選したよ! | トップページ | そろそろダイエットの成果について語るとしましょうか。 »

娘が児童会選挙に立候補した

★先日娘が小学校の児童会に立候補しました。
 
 あの引っ込み思案だった娘が、クラスメートや上級生の前で投票を訴える演説をするなんて。
 
 結果がどうであれ私ゃそれが嬉しいです、ほんとに。
 
 娘についてなにかあるといつも思い出すのが、年少さんの時の入院。
 
 あの時は命さえあればいいと思ったものでしたが。
 
 感慨深い。
 
 
★結果は残念ながら落選だったそうで。
 
 思ったより本人はさばさばしてました。
 
 悔しくないことはないんだろうけど。
 
 ちなみに得票数の発表はなかったのこと。
 
 まあそうだろうね、妥当だと思う。
 
 
★ちょっと納得いかないこともあるんだけど。
 
 当選したのは他所のクラスの子だったんだけど、その担任がクラスの児童にむかって「必ず(そのクラスから立候補した)○○君に投票するように」みたいなことを言ったらしい。
 
 それってどうなんだろう。
 
 実際に娘はマンションのお友達から「本当は娘に投票したかったけど先生が○○君に投票するように言ってたから出来なかった、ごめんね」なんて言われてる。
 
 まあ先生の気持ちも判らんことはないけど、3年生なんてまだ自分の我を押し通すことが出来ない子が大半だろうに、そんな組合みたいなこと言っちゃいかんだろと。
 
 むしろそこは「一番いいこと言ってる子に投票出来るように、しっかり立候補者の話を聞こうね」ぐらいのことを言わなきゃならんのじゃないか。
 
 んで立候補者には「クラスメートだけじゃなくて、他のクラスの子からも投票してもらえるように演説頑張りな!」ってね。
 
 
★とはいえ自分ではモンペでないと思っているので(笑)。
 
 娘には、何か思ったことや感じたことがあったら自分で担任の先生に言いな、と言ってやりました。
 
 あとは自分で考えるでしょうし、成長のチャンスでござろう。
 
 
 
−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

|

« 懸賞に当選したよ! | トップページ | そろそろダイエットの成果について語るとしましょうか。 »

つれづれなるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懸賞に当選したよ! | トップページ | そろそろダイエットの成果について語るとしましょうか。 »