« 「だって」「でも」に成長はない | トップページ | ある少女の選択 ~“延命”生と死のはざまで~ »

こんなことをして自分たちの立場が不利になるとは思わなかったんだろうか

★まさに暴挙の極みといわざるを得ない
 
 今日のニュースで流れてたんだけど。

 保護者が校庭の芝生を勝手に剥がす…大阪・岸和田(毎日新聞)     大阪府の事業で、グラウンドを全面芝生にした岸和田市松風町の市立春木中学校(高間裕博校長)で、野球部やソフトボール部の生徒の保護者が学校の許可なく芝生の一部を剥がしたことがわかった。保護者は「でこぼこがあり練習ができない」と抗議をしていたという。学校は「住民からの寄付も受けて芝生化した。保護者側に復旧を求める」としている。

 春木中は昨年6月、グラウンド9000平方メートルを全面芝生にした。今年11月5日、野球部の生徒の保護者から「自然に剥がれたりしてでこぼこしており、練習しやすいようすべて剥がしてほしい」と抗議を受け、同12日の話し合いで「学校としてできることはやるが、芝生は剥がせない」と説明。同27日に学校側が費用を負担し、土砂を16トン購入して整地した。

 しかし保護者から「今月4日にグラウンドを整備する。更に土を用意してほしい」と要求を受け、18トンを追加購入。4日朝に野球部やソフトボール部の生徒の保護者数十人が訪れ、パワーショベルなどを使って両部が練習で使っている3000平方メートル分の芝生を剥がしたという。

 グラウンドの芝生化は府の補助金300万円のほか、地域住民からの寄付約500万円で賄っており、元の状態に戻すよう保護者側に弁護士を通じて通告する方針。被害届の提出などは見送るという。高間校長は「なぜこんなことをするのか分からない。地域の方や他の生徒にも申し訳ない」と話した。【酒井雅浩】


 
 写真がリンク先にあるので見てもらえたらと思うんですけどね、本当に酷い。
 やった人、馬鹿じゃなかろうか。
 自分の子供達の部活動がやりにくくなるとか、考えてないのかな。
 さらにもっと大きな問題になって、全国の野球部・ソフトボール部に対して迷惑がかかるかもしれないなんて、これっぽちも考えてないよね。
 これを機に野球部やソフトボール部を廃部にしよう、とかいう運動が起きたらどうするつもりなんだろう。
 自分の子供達のことしか考えてない。
 しかも今この瞬間だけ。
 
 馬鹿じゃなかろうか。
 
 
★サカヲタとして言うんじゃない、元野球少年のいちPTAとして言う
 
 保護者が、というか大人が子供の邪魔しちゃいかん。
 今回の件に関して言えば、我田引水どころかかえってマイナス面を強調したにすぎない。
 
 サッカー好きだから芝生がいい、とかいうつもりはない。
 なんとなれば、僕も少年野球少年だったから。
 見るスポーツとしての野球にはもう興味がないけれども、やるスポーツとしての野球の楽しさはいまも身体に染み付いてる。
 
 元野球少年・いちPTAとしての意見。
 子供の夢を踏みにじっちゃあいけない。
 自分たちの子供だけが子供ではない。
 実力行使で勝手に作ったもめ事だらけの校庭で練習して、上手くなって、それでいいのだろうか。
 
 
  
−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

|

« 「だって」「でも」に成長はない | トップページ | ある少女の選択 ~“延命”生と死のはざまで~ »

つれづれなるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「だって」「でも」に成長はない | トップページ | ある少女の選択 ~“延命”生と死のはざまで~ »