« Xperiaアプリ備忘録その2 | トップページ | 試合を観ずにあえて問う 「俺達の誇り」とは »

真面目に強く上品に

★本を貸していただきました

 患者のMさんから「真面目に強く上品に 反骨校長吉川昇の日記」という本を貸していただきました。
 この吉川昇という人は僕の母校である高槻中学校・高等学校の初代校長だった人で、僕が入学した24年前(!)には既に伝説的人物でした。
 実はMさんは僕の大先輩に当たり、吉川校長の薫陶を受けたことがある人ということで、このたび出版されたこの本を僕に貸して下さいました。
 Mさんありがとうございます。


★真面目に強く上品に

 高槻の教育モットーは「真面目に強く上品に」というものです。
 当時学生だったときは全く何とも思っていなかったんですが、仕事をするようになり社会生活を送るにあたっての行動規範になっているような気がします。
 特に「上品に」が難しいですね。
 いつまでたっても、身に付くどころか難しさばかりが見えてくるような。
 このモットーを作ったのが吉川昇だということで、今回この本を読んでその神髄に触れることが出来たらな、と思っています。


★現役生、頑張れ。

 現在校長をされている岩井先生は、僕らの学年の化学を担当して下さっていました。
 めっちゃ山好きで、おかげでちょっと大変なこともあったのですが(笑)、ともあれ熱いいい先生だと思います。
 現役の諸君は、経緯はともかく縁あって高槻に入ったのだから、頑張ってほしいと思いますね。
 自分で決めて自分でやる習慣をつけられるいい学校だと思います。
 ちゃんと考えないと、俺みたいになっちゃうよー(笑)

−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−

|

« Xperiaアプリ備忘録その2 | トップページ | 試合を観ずにあえて問う 「俺達の誇り」とは »

当院でのできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Xperiaアプリ備忘録その2 | トップページ | 試合を観ずにあえて問う 「俺達の誇り」とは »