« 遠藤×ガチャピングッズ狂想曲 | トップページ | 疲れた→残業カフェ »

その痛みがどこからきているのか

★今日は鍼灸治療の話。

★どんな治療でも「なぜ、そこが痛むのか」ということを把握しなければ、治療効果は出にくくなります。我々は病院の先生のようにレントゲンやMRIなどといった検査ができませんから、どこが痛むのかを探すのは、問診・視診と触診と徒手検査が中心となります。

★たとえば「ふくらはぎが痛む」とおっしゃる方がいらっしゃったとします。さあ、どこを治療しましょう?

★ふくらはぎの筋肉の肉離れかもしれませんし、膝の痛みが波及しているのかもしれません。あるいは座骨神経痛の可能性もありますね。その神経痛も脊柱管狭窄症かもしれないし、椎間板ヘルニアかもしれないし、梨状筋症候群かもしれない。さらには脊髄腫瘍の可能性も考えられます。

★このことは「症状が出ているところが悪いとは限らない」ことを示唆しています。それを探し当てるのが僕らの仕事の半分を占めていると言ってもいいかと思います。鍼灸治療はいわば残りの半分です。つまり鍼灸治療をおこなうにあたって「なぜ、そこが痛むのか」ということを考えなかったら、どれだけ全力で治療しても半分の効果しか生まないのではないか、と考えています。

★逆に、我々が治療できない患者さんがいらっしゃらないとも限りません。前述のように腫瘍からくる痛みの場合には、速やかに医療機関を受診していただかなくてはいけません。我々鍼灸師が何でもかんでも治療できるというわけではないのですから。

★その痛みがどこからきているのか。それを探り当てるために、我々は日夜努力をしているのです。そのため問診・検査をおこなうときには、どうしても他の患者さんをお待たせしてしまうことがあります。皆さんにはご迷惑をおかけしますがご理解いただければ、と思います。

★たまに真面目なことを書くと緊張しますね。なんか妙に丁寧になります。ガンバネタもいいけど、たまには鍼灸院での治療のことも書いておかないとね。

−ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁−
−枚方市新町1丁目4-13−

|

« 遠藤×ガチャピングッズ狂想曲 | トップページ | 疲れた→残業カフェ »

鍼灸治療や身体のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠藤×ガチャピングッズ狂想曲 | トップページ | 疲れた→残業カフェ »