« 野菜を育てて食べよう | トップページ | 心に残る言葉と医療人としての戒め »

プラネタリウム@藤森

★土曜日にいきものがかりの「プラネタリウム」という曲を聴いていて「そうだ、連れてってやろう」ということで日曜に行って参りました、プラネタリウム。たしか小学校の時以来じゃないかと思いつつ、京阪藤森駅下車徒歩10分、京都市青少年科学センターです。

★子供達には内容が難しいかなと思ったんですが、「ちびっこプラネタリウム」という幼児から低学年向きのプログラムがあったので、それを見ることにしました。

★実は息子2号は暗がりをとても怖がる子で、昨夏のシンケンジャーの映画の時も怖くて外に出てしまった、という前科があるのでどうかなあと思っていたんですが、プラネタリウムでは大きな音が鳴らないのと今回は母親が居たのとで機嫌良く見れたようです。内容は子供向きとはいえ幼児には難しく、低学年には興味深くきけるぐらいの程度でした。とはいえ僕ら夫婦も素人で星といえばシリウスとベテルギウスぐらいですから、カペラ・牡牛座それにスバルのことなどちゃんと知らないことばかりで、大人も楽しめるとてもいい内容だったように思います。

★なによりナレーターさんの声が素晴らしくイイ声でしたわ。

★それからプラネタリウム以外の施設が面白かったですね。科学センターですから、鏡や伝声管やらパラボラやら光やら音やら計算やら、まあとにかく子供が興味を示すものばかりありました。大人も充分楽しめますし、なにしろ日曜でもあれぐらいの人の入りですから、なかなかの穴場だと思いますね。またプラネタリウムの内容が変わったら連れて行ってやろうと思いました。

 

-ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁-

|

« 野菜を育てて食べよう | トップページ | 心に残る言葉と医療人としての戒め »

つれづれなるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野菜を育てて食べよう | トップページ | 心に残る言葉と医療人としての戒め »