« 天皇杯3回戦快勝&ストレッチマンwithガンバ | トップページ | 「きんせいラーメン交野店」に行ってきました »

キース・エマーソン誕生日オメ

 

今日はNHK-AM放送が国会中継だったので

朝からOTTAVA frescoと

OTTAVA animatoを続けて流しています

 

そしたらムソルグスキーの「展覧会の絵」が流れましてね

まあこれはそんなに珍しいことじゃないんですが

DJのゲレン大島さんが言うことには

今日がキース・エマーソンの65才の誕生日とのこと

 

キース・エマーソンといえば

1970年代のイギリスのロック界を引っ張った

スーパーキーボードプレイヤーであり

僕の中学時代のロックヒーローなのであります

「展覧会の絵」の全曲をロックアレンジしたりとか

ムーグというシンセサイザーを多用した音作りとか

エマーソン・レイク&パーマー(以下ELP)というバンドの

ロックとクラシックを融合した独自のスタイルに

中学時代の僕の心は鷲掴みにされました

 

クラシック専門ラジオであるOTTAVAでは

ロック畑でありながらもクラシックを取り上げていたELPを

ちょこちょこ紹介していたりして

以前もバルトークの「アレグロ・バルバラバルバロ」が

ELPの「バーバリアン」の元曲であったと放送してました

んで今日は「展覧会の絵」に続いて

ヒナステラのピアノ協奏曲から「トッカータ」が流れました

この曲が流れるのはとても珍しいことなんですが

自分が持ってる曲がラジオから流れると新鮮ですよね

ちょっと変わった曲ですけど気持ちよく仕事ができました

さらに今日は月初なので残業必至なのでございますが

せっかく誕生日とのことなので

キース・エマーソンゆかりの曲を流しながら頑張るとしましょう

 

明日気持ちよく休むために今日しっかり頑張ろう!

 

 

-ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁-

|

« 天皇杯3回戦快勝&ストレッチマンwithガンバ | トップページ | 「きんせいラーメン交野店」に行ってきました »

当院でのできごと」カテゴリの記事

コメント

「ELP」の三文字に反応してしまいました!

実は私も中学生になった頃に聞いたのですが、

母親がクラシック好きで原曲を知っていこともあり、

アレンジされた曲に衝撃を受けたことを覚えています。

そういや富田勲も同名のアルバムを出してましたね…

このアルバムの発売は1970年頃で、私がまだ小学生の時。

それから約10年後の1980年に、ELPは解散してしまいます。
(この年は私が大学に入学した年なので覚えてるんです)

久保さんは、自分が生まれる前のELPのアルバムを、

ELPの解散後に聞いてたってことになるんですよね!

なんか、不思議な感じがします…
(ようは歳の差を感じるってことです…)

投稿: hilo | 2009年11月 4日 (水) 13時39分

>hiloさん

最初に同級生のF君に「ホウダウン」を教えてもらったときは本当に衝撃を受けましたね。それまで洋楽といえばビートルズぐらいしか知らなかったなかで出会ったムーグの音。それからはどんどんのめり込んでいきましたね。

もちろん中学の時にはもうELPは解散してたので、もう生で聴くことはできないんだなと思っていましたが、13年ほど前の再結成公演に行くことができ、とても感動しましたのを覚えています。

まあ音楽の感動には年齢なんて関係ないってことですよ!

投稿: 久保 俊仁 | 2009年11月 5日 (木) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯3回戦快勝&ストレッチマンwithガンバ | トップページ | 「きんせいラーメン交野店」に行ってきました »