« みどりの窓口@京橋駅 | トップページ | 引きこもりの想い出 »

インフルエンザ猛威とマスクの効果

 

昨日季節性インフルエンザの予防接種を

家族全員で受けて参りました

息子2号@3才をトップバッターにしてみたら

期待通り見事に泣かなかった!エライ!

おかげでそれに続いた息子1号@5才&娘@8才

痛くても泣くに泣けない状況に陥る(笑)

「みんなおとなしくて偉いねえ」と先生にほめていただいた

全て息子2号の功績です

 

ただ

今朝聞いたところによると新型インフルエンザが

市内の児童・学生を中心に猛威をふるっているとのこと

成人は現在比較的罹りにくいらしいですが

いつウイルスが変異してもおかしくないわけで

これからも細心の注意を払っていきたいですね

 

細心の注意というと手洗い・うがいに加えやはりマスク

マスクをすることで指先についたウイルスや細菌が

体内に入るのを防止するという効果があります

「なくて七癖あって四十八癖」と申しますように

人間には思いがけない癖というものがありまして

食べたり飲んだりするとき以外の時でも

知らないあいだに指先で鼻や口元をさわる人が

とても多いらしいです

マスクはその癖による感染を未然に防いでくれますから

インフルエンザウイルス感染は飛沫感染だけではない

ということを知っておくことでさらに対策ができると思います

 

原因はいろいろでも自分の身体を守るのは自分自身です

健康に対する意識を高く持って

日々暮らしていくようにしたいものですね

 

 

-ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁-

|

« みどりの窓口@京橋駅 | トップページ | 引きこもりの想い出 »

つれづれなるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みどりの窓口@京橋駅 | トップページ | 引きこもりの想い出 »