« スタッフでリレーブログが出来るうらやましさ | トップページ | どうなるヴェルディ・・・ »

子育て支援 私見

 

昨日民主党政権が発足しましたね

子育て支援策拡充が叫ばれていますが

三人の子持ちとして私見を述べておこうと思います

 

 

安心して子育てが出来る社会というのはどういうものか。

僕は「子供が大人になったとき、あまり苦労しなくても済みそうな気がする社会」だと思う。

現実としては「苦労しない社会」なんて実現するわけがない。「苦労のない社会」はそもそも存在しない。

だけど育てた結果として目にみえて苦労が待っているところに、誰が子作り・子育てをする気になろうか。

なのに自民党も民主党も「子育てを支援」するという名目で現金を渡してそれを解決しようとしているわけである。

「子育ての苦労」と「子供が大人になったあとに味わうであろうと想像される苦労」とをすり替えようとしている。

今回の「子育て支援金」の創設・増額によって、子作りを決意する人がどれだけ居るだろうか。

居ないと思う。

居るのなら今までの施策で増加傾向になっているはずだからである。

金額の多寡で子作り奨励出来ると本当に思っているのだろうか。

もっと他にあるだろうに。

大事なのは「苦労しなくても済みそうな気がする社会」。

病児保育の充実や現役世代の年金確保などの環境整備などによる、心理的な余裕の向上を狙う方がよっぽど効果的だと思う。

政府には「個々の家庭がどんなに努力しても出来ない面でのサポート」に徹してもらいたいと考えるんですけどね。

 

 

-ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁-

|

« スタッフでリレーブログが出来るうらやましさ | トップページ | どうなるヴェルディ・・・ »

つれづれなるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタッフでリレーブログが出来るうらやましさ | トップページ | どうなるヴェルディ・・・ »