« 祝!ワールドカップ出場決定 | トップページ | お気に入りのピアノ曲 »

【classic】 日がな・ラジオ・デイズ 【ottava】

 

今朝

家族全員でワンセグ経由の

侍戦隊シンケンジャーを

がっつり食い入るように

観た久保ですこんにちわ(あいさつ)

 

さて

基本テレビ・レス・ライフになって一週間

完全にラジオがお友達となっています

平日昼間はカミさんがFM802を

夜僕が帰ってからはFM大阪を聴いてます 

 

そこに最近お気に入りの

クラシック専門ネットラジオOTTAVAが加わり

今日は朝からクラシック三昧です

 

めっちゃ気持ちえー

 

 

この快適空間の実現に至るまでに

我が愛機ibook366との壮絶な闘いという

とても大変な道のりがあったので

備忘録的に書いておこうと思います

どうでもいいような内容の上に

長駄文になること必死ですので

気が向いた人だけ読んでくだされば結構です

てゆか誰も読まないだろうなというつもりで書きますね(笑) 

 

 

Mackintoshを作っているAPPLEという会社は、OSを次世代に移行するとまったくサポートしなくなるばかりか、むしろ使い勝手を悪くさせる傾向にある。カミさんのPowerMacG4(450Mhz)とPowerBookG4(766Mhz)は、デザイン作業の関係上MacOS9.2.2という、Windowsでいうと98SEのような過去の遺物のようなOSを使っている。ほとんどサポートは受けられないが、そこはネット各所に散らばる同好の士たちの情報を頼りに何とかしているのが現状。

そこで僕のibook(366Mhz)が登場するわけだが。こいつはカミさんのMacよりも1世代前のPowerPCG3というCPUを搭載している、中途半端な骨董ものである。中途半端というのは本当に古いMac(ColorClassicIIとか)は、マニアの間でそれなりの価格で取引されているからだ(使えないけど僕もほしい)。

そもそも、なぜそんなロートル機を引っ張り出してきたのか?それはibookが静かだからに他ならない。ロックやポップスならともかくクラシックはダイナミックレンジが広いので、静かな部分になると余計なノイズがとても気になってしまう。で、僕の仕事用メインのEPSON・NT340はとても優秀なのだが、如何せんノイズがでかい。ずーっとファンが回ってる。音楽関係なしにやかましいのだ。ibookはファンレスなのでとても静か。音楽だけでなく生活の邪魔にならないのでこっちを使いたい。それになんかお気に入りのPCをお役御免にしておくのはちょっと寂しかったしね。

で、ここから僕とibookの冒険が始まるのだった。

 

OTTAVAのHPをみると、推奨環境が記されている。WindowsXP搭載のEPSON・NT340ならまったくなにもしなくてもそのまま聴取できる。しかしMacはそうはいかない。OSはMacOSX10.2.8以降。ブラウザはSafari1.3.2以降。最新のはMacOSX10.5とかSafari4なんだけど、うちのibookには端から無理。とりあえずOS9.2.2+IE5.2でのぞいてみたけど音が鳴りそうな気配は微塵もない。

そんなわけで、まずはOSのアップグレードを試みる。ウチにはMacOSX10.1とMacOSX10.3.9があるので、ひとつずつアップグレードしていく。OS9とOSXではCPUに対する負荷が全然違うと聞いていたので、ロートル機が固まったらイヤだなと思いつつ祈るように、しかし淡々とインストール。思ったより大丈夫そうだ。まあカミさんのPowerBookG4にOSXをインストールしたときに、Safariのアップグレードはしたことあるから、OSXが問題なく動くならほぼ作業も終わったようなもんだな、と思っていた。

んが(←鼻濁音)。そうは問屋が卸さないということに気づいたのは、もう少し後の話。

さて、MacOSX10.3.9は順調に動いている。Safariを確認すると1.0。これを1.3.2にアップグレードしようしたら、すぐにはできないという。一度1.3.1にアップしてからじゃないと1.3.2にできないとのこと。ちょっとめんどくさいが、APPLEのHPにあったので(変な奥目のわかりにくいところだったけど)とりあえずダウンロードしてインストール。よし。順調。

再びOTTAVAのHPに行く。そしたらFlashPlayerを最新にしてくださいとの文字が。リンクをたどるとアドビのHPへ。「最新のFlashPlayer10をインストールしてください」とのリンクをたどってみたら、ブラウザが古いのでインストールできませんとの文字。ああそうだった。前にPowerBookG4にOSX入れたときもそんなの見たなあ。てなわけで検索かけて、アドビのHP内にあった、テスト用に配布してるいうことになっている過去バージョン(FP9)をダウンロードしてきてインストール。よし。順調。

OTTAVAのHPへ。「ストリーミング放送を聴く」というボタン出現。よっしゃ。これでいける。満を持してリンク先へ。そしたら。

「application/x-mplayer2のコンテンツがありますがこのMIMEタイプに対応するプラグインはインストールされていません」との表記。x-mplayer2って知らんなあ。検索。なるほど。MacでWindows向けの音声や画像を再生するときに必要なのね。OTTAVAはWMA形式のストリーミング放送なのか。納得。さらに検索すると、現在はマイクロソフトがflip4macという名前で無料配布していることがわかる。早速マイクロソフトのHPよりflip4mac2.2.2.3をダウンロードしてインストール。オッケー。

OTTAVAのHPへ。ストリーミング放送のボタン押す。待ちに待ったネットラジオへの世界が広がった瞬間。のはずだった。

「flip4macの読み込みに失敗しました」

・・・あれ?なんでやろ?

ここからが長かった・・・インストールをやり直してもダメ。検索かけてもわからない。途方に暮れた。やっぱり古いMacでは無理なのかな・・・。あきらめかけたけど、何回も単語を変え検索する。するとシステム環境設定をいじるとどうにかなることが判明。で環境設定画面に行っていじろうとしたが、開けられない。しばらく考えたがどうにもわからない。

ひたすら検索をかけた末、flip4macに無料配布のプラグインのみのものと、有料バージョンがあることを知る。で、有料バージョンには、無料のお試しデモバージョンがあることがわかる。要るのはプラグインだけだからなあ・・・と思っていたら。デモバージョンの2.2.2.3は、MacOSX10.3.9にはインストールできないことが判明。2.2.1.11ならいけるとのこと。だから環境設定できなかったのか・・・。でもおかしいなあ、マイクロソフトのHPにはいけるって書いてあったけどなあ・・・。まあいいや、藁にもすがる思いでデモバージョンの2.2.1.11をダウンロードしてインストール。

でもがっかりするのはイヤだから、ていうかすでに何回もがっかりしてるから、すぐにOTTAVAのHPに行かずにシステム環境設定に行ってみる。ここで設定ができたらインストール出来てるってことだし。

おそるおそる。ポチッとな。

 

 

あった。

 

 

急いでOTTAVAのHPへ。満を持して、本当に満を持して、万感の思いを込めて、これでもしダメだったら当分立ち上がれそうにないくらいの気合いを込めて、

ストリーミング放送のボタンをクリック。

 

軽やかに流れるピアノの音色。

 

「ネットラジオの世界へようこそ」

ibookのモノラルスピーカーから流れる音は、とても貧弱なものだったけれど、そう歌っているように聞こえた。いやほんとに。

それから外部スピーカーにつないでステレオ放送も確認。とても長い2日間でありました。てゆか知ってる人からみたらこんなことに2日って馬鹿じゃね?というような内容なんですがね。

 

今日は一日中旋律のシャワーを浴びまくって

とてもすっきりしました

明日からも頑張ろうと思います

 

最後まで読んでくれた人

本当にありがとう

感謝します

 

 

-ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁-

|

« 祝!ワールドカップ出場決定 | トップページ | お気に入りのピアノ曲 »

つれづれなるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝!ワールドカップ出場決定 | トップページ | お気に入りのピアノ曲 »