« 対策に対する対策不足 | トップページ | 電車マナー 古今東西 »

感謝と食卓

昨晩の食卓での会話。

 

スナップエンドウをフィーチャリングした野菜炒めを食べて。

娘「これなんかヘンな味」

カミさん「そうかな?なんかヘンなもの入れたかな?」

娘「食べたくない・・・」

竹の子のお吸い物を食べて。

息子「これいらん」

カミさん「(まあ口に合わなければしょうがないかな・・・)」

 

そこで私がお父さんの訓辞。

 

「あのな、娘・息子(←名前で呼んでますけどね)」

「お食事できることに感謝せなあかんねんで」

「当たり前のようにご飯が出てきて、当たり前のようにあれいらん、これいらん言うてるけどな」

「おかあさんが毎日作ってくれてること、わかってる?」

「こんな美味しいおだしのお汁、なかなか飲まれへんねんで」

「毎日お母さんがおだしちゃんととってくれてるんやで。毎日毎日大変なんやで」

「味付けもメニューも毎日違うようになるように、気ぃつかってるんやで」

「だいたいこのスナップエンドウもな」

「作った人・運ぶ人が居らんかったらどうなる思う?」

「自分でつくらな食べられへんねんで」

「お米もピーマンも竹の子もお魚もみーんなそやで」

「みんなにありがとうって思いながら食べへんかったらバチ当たるで」

「わかったら味わってしっかり食べ」

 

子供達はうなずきながら聞いてくれました。僕の話を聞いたあと、残さずきっちり食べてくれました。ええ子達や。素直にスクスク育ってほしいと思います。

 

ただ・・・

子供達が・・・

僕 が ト マ ト を 食 べ な い と い う 矛 盾

にいつ気づくか・・・

 

-ほねつぎ久保はり灸院・久保俊仁-

|

« 対策に対する対策不足 | トップページ | 電車マナー 古今東西 »

つれづれなるままに」カテゴリの記事

コメント

そう言えば、一緒に食事をした時に完熟の「プチトマト」を残してはりましたよね!

「トマトが赤くなると医者が青くなる」なんて諺もあるぐらいなのに、なんたることですか!

子ども達に聞かせた素敵な話を、もう一度自分自身に話かけてみてはどうですか?

投稿: 隣のhiloちゃん | 2009年4月27日 (月) 20時38分

>隣のhiloちゃん さん

(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

投稿: 久保俊仁 | 2009年4月27日 (月) 20時45分

お父さんも、自分に言い聞かせたあとトマトを残さず食べました。

ええお父さんや! 立派な鍼灸師になってほしいと思います…

投稿: 隣のhiloちゃん | 2009年4月27日 (月) 21時08分

>隣のhiloちゃん さん

(∩゚д゚)アーアーきこえないったらきこえなーい

トマトだけは勘弁してください
最近ブロッコリーは食べれるようになりましたから
それで許してください
できればお漬け物も見逃していただければ・・・
ナスも別になくてもかまわなかったり・・・

投稿: 久保俊仁 | 2009年4月27日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対策に対する対策不足 | トップページ | 電車マナー 古今東西 »